各種非破壊検査

建築物の調査

部材内部の状況を特殊な機器を用いて調査します。

最先端の特殊な機器等を使用して、建築物に損傷を与えることなく、コンクリート内部の配筋や欠陥、外壁の浮き、構造体の強度等を推定します。
弊社専門の技術者が、調査目的に応じて適切な非破壊検査手法を選定し、建築物の長期保全に有用な情報を得ることができます。

測定の目的 使用する手法
コンクリートの圧縮強度 反発硬度法
コンクリートの厚さ、内部欠陥、ひび割れ深さ 超音波法、電磁波レーダ法、衝撃弾性波法
コンクリート中の鉄筋探査 電磁波レーダ法、電磁誘導法、X線法
内部鉄筋の腐食範囲の推定 自然電位法
内部鉄筋の腐食速度の推定 分極抵抗法
地中の埋設物、空洞調査 電磁波レーダ法
空洞調査・設備配管の調査 ファイバースコープによる観察、X線法
外壁タイル・モルタルの浮き 赤外線法
鉄骨溶接部の欠陥評価 超音波探傷試験、フェイズドアレイ超音波探傷試験
  • 電磁波レーダ法による配筋調査
  • 超音波法による躯体厚さ測定
  • 衝撃弾性波法による杭長さ測定
  • ファイバースコープによる配管調査
  • X線法による配管調査
  • 天井下地材の探知