鉄骨調査

建築物の調査

鉄骨造の構造調査を行います。

鉄骨造建築物の構造体について、改造・変更を既存構造設計図により照合し、詳細に把握することで、耐震性能評価や構造改修設計の資料に用います。
主として構造体と部材接合部の目視調査を行い、変更箇所や変形・損傷などの劣化を記録。また、部材接合部の溶接状況やボルト接合の方法・種類を目視により調査し、必要に応じて詳細な試験を行い、現状の構造耐力に反映させます。

  • 超音波による板厚測定
  • 溶接部の欠陥評価(UT試験)
  • 溶接部の欠陥評価
    (フェイズドアレイ試験)
  • サムスチールチェッカーによる鋼材の材質判定
  • ボルト径の測定
  • 高所作業車による鉄骨実態調査