各種非破壊検査

土木構造物の調査

対象物を破壊することなく、高精度のデータを得られる検査です。

非破壊検査とはその名の通り、検査対象物を破壊することなく欠陥や損傷の状態を把握する検査手法です。現在は検査技術も発達しており、迅速で高精度の結果を得ることが可能です。弊社では主にコンクリート内の鉄筋位置やかぶり厚さ、鉄骨造においては溶接部の内部欠陥検査や、板厚・膜厚調査を行います。

  • 衝撃弾性波法によるコンクリート内部欠陥調査
  • 電磁誘導法による鉄筋探査
  • 電磁波レーダー法による舗装厚さ測定
  • シュミットハンマー試験
  • 超音波法による板厚測定
  • 塗膜厚測定(電磁誘導式・渦電流式両用)