損傷調査(塩害・中性化・アル骨・凍害)

土木構造物の調査

様々な方法で損傷調査を行い、劣化状況を把握します。

損傷調査では目視・打診により、土木構造物の劣化状況を把握することで、補修方法の選定や補修数量の算出が可能となります。近年では近接目視が行われることが多いため、土木構造物の立地条件に応じて、地上からだけでなく、橋梁点検車・吊足場・海上からなど様々な方法で精度の高い調査を行い、損傷原因を分析して対象構造物の状態を正確に把握します。

  • 地上
  • 吊足場
  • 海上作業
  • 高所作業車
  • 橋梁点検車
  • ドローン調査