赤外線調査

建築物の調査

高解像度の赤外線サーモグラフィで外壁の劣化状態を調査します。

タイル張りやモルタル塗り仕上げにおいて、目視調査によるひび割れや剥落状況の確認に加えて、赤外線サーモグラフィで仕上げ材の浮き状況を確認し、外壁仕上げ材の修繕計画の判断材料とすることができます。 赤外線サーモグラフィは、大面積を短時間に調査可能、測定精度が高い、診断結果が熱画像として可視化できる特長を有しております。
ティーメックでは、建築物の外壁調査に最適な超解像・高画素モデルの赤外線サーモグラフィカメラ『InfReC R500EX-S/R550S(日本アビオニクス㈱社製)』を使用しております。
【基本性能】画素数:640×480≒30万画素以上、温度分解能:0.025℃ at 30℃

  • 赤外線による外壁調査(愛媛県松山市某所)
  • 赤外線による煙突調査(愛媛県松山市某所)
  • 赤外線による漏水調査(愛媛県松山市某所)
  • 赤外線による外壁の解析画像
  • 赤外線による煙突の解析画像
  • 赤外線による漏水の解析画像