防水調査

建築物の調査

建物の各種防水調査を行います。

屋上防水、外壁の窓廻り等のシーリング防水の耐用年数は一般に10年〜15年程度とされており、常時、紫外線や雨水の影響を受けるため、経過年数に伴い徐々に割れ、破断等の劣化が現れてきます。防水の劣化がさらに進行すると、室内への漏水の危険性も高まるため、外壁点検と同様に、定期的に防水調査を行う必要があります。