空洞調査

土木構造物の調査

施工の障害となりやすい空洞・埋設物を調査します。

土木・建築構造物において、基礎地盤やコンクリート内部に存在する空洞や埋設物などが、工事計画時や施工時に障害となるケースが多く発生します。内部に空洞が発生することによって構造物の健全度は損なわれ、大きな事故や陥没事故に繋がる可能性も考えられます。内部の状況を把握し、大きな事故を未然に防ぎ予防的な対策を実施することによって構造物の寿命を延ばすことも可能です。弊社は対象となる構造物の特性を考慮し、様々な探査方法の中から適切な方法を選定し正しい結果を導きます。