物性試験

土木構造物の調査

物性試験によりコンクリートの劣化原因を推定します。

コンクリート構造物の補修・補強設計において、立地環境や劣化状況に応じて、必要な試験項目を抽出します。物性試験の結果は、コンクリートの劣化原因推定に非常に有用なデータとなります。

【物性試験項目】
・コンクリートの圧縮強度試験、静弾性係数試験
・コンクリートの中性化深さ試験
・コンクリート中の塩化物イオン量測定
・骨材のアルカリシリカ反応性試験(化学法、モルタルバー法等)
・気泡間隔係数試験、細孔径分布測定
・促進膨張試験
・EPMAによる面分析
・SEMによるゲル分析
・配合推定
・示差熱重量分析 等

  • EPMA面分析
  • ASRゲルの滲出
  • SEM観察像