耐震診断・耐震補強設計

設計業務

建物の耐震性能を把握し、最適な補強方法をご提案します。

わが国は世界に類を見ない地震大国で、大きな災害のたび耐震設計法が変遷してきました。そのため国の推進事業に伴って建物の耐震化が進んできました。弊社は経験豊富な技術者により耐震診断から耐震補強設計まで一貫して行っています。

耐震診断

旧耐震基準(1981年以前)により設計された建物を対象とし、大地震による倒壊や崩壊の危険性を判定します。弊社では、現地調査から耐震診断計算、補強提案まで一貫して行っています。

耐震補強設計

耐震診断の結果により、補強工事が必要と判断された場合は、耐震性の向上、意匠性や住環境性能など様々な要素を考慮して、耐震補強設計を行います。
近年は炭素繊維や高性能材料など、様々な補強工法が開発されています。既存構造体へ最適な補強工法の選定を行い、より安全な構造体へ復元を行います。
建物の規模・用途や構造形式・形状などに応じて、制震装置や免震装置など時刻歴応答解析による高度な補強設計にも対応いたします。


診断の流れ