構造調査

建築物の調査

構造設計に必要な情報を現地で図面を参考に収集します。

建築物の耐震診断や増改築・用途変更等において、構造設計に必要な情報を現地で収集するための調査で、基本的には既存設計図面を参考に、構造部材の確認、配筋状況等の確認を行います。通常の調査では、構造部材の確認は目視・実測にて、鉄筋の配筋状況は電磁波レーダ法による非破壊検査にて行います。さらに、鉄筋径やかぶり厚さ等を確認する場合は、斫りによる調査を行います。なお、外壁面に生じたひび割れ状況等により、建物の不同沈下が懸念される場合は、レベル測定により状況を把握します。

  • 柱の配筋状況調査
  • 壁の配筋状況調査
  • 構造部材の確認
  • 柱の斫り調査
  • 不同沈下量測定
  • 建物の傾斜量測定