外壁調査

建築物の調査

建築物の外壁劣化状況を把握します。

タイル張りやモルタル塗り仕上げの外壁の場合、一般に目視調査と打診調査を併用して、外壁面に生じたひび割れ、浮き、剥落等の劣化状況を把握します。打診法には、手の届く部分を打診する“部分打診法”と、ゴンドラや足場を利用して行う“全面打診法“があり、調査目的に応じて適用します。また、赤外線装置を使って外壁表面の温度分布を測定して、仕上げ材の浮き部と健全部の判定を行う手法もあります。

  • タイル打診調査
  • ひび割れ幅の測定
  • ブランコによる調査
  • 高所作業車による調査
  • 赤外線調査
  • 赤外線法による熱画像