外断熱工法

建築エコ対策

断熱材などを用いて、断熱効果を向上させる工法です。

外断熱工法は、新築でもリニューアル工事でも容易に施工が可能で、断熱効果を高め室内環境を向上させることで、消費エネルギー低減が期待でき、経済効果・環境改善が図れます。また、健康で快適な生活環境を維持することが容易となります。

工法の特長

  1. 1.室内の冷暖房効率が向上し、消費エネルギーの削減が図れます。
  2. 2.室内に結露が発生せず、カビ・ダニの被害が抑えられます。
  3. 3.高断熱仕様による断熱材の厚さに対し、室内空間への影響がなく、改修工事でも対応可能です。
  4. 4.改修工事において機械固定による工法を用いることで、長寿命化も図れます。