表面被覆工法

表面保護工法

コンクリートへの劣化物質の浸入を抑制する工法です。

表面被覆工法とは、コンクリート構造物の表面に用途に応じた被覆材を塗布することで、コンクリートの劣化因子となる塩分・水・酸素・炭酸ガス等の外部からの浸入を抑制し、中性化・塩害・アルカリ骨材反応等の劣化対策において非常に有効な工法です。表面被覆工法には、有機系被覆と無機系被覆があり、対象となるコンクリート構造物の環境条件や予測される劣化要因に応じて、最も効果的な工法を選定することができます。

工法の特長

  1. 1.環境条件や予測される劣化要因において、最適な材料を選定し劣化因子の遮断が可能です。
  2. 2.コンクリート構造物の耐久性向上と劣化進行を抑制することができます。
  3. 3.橋梁、桟橋、農業用水路、トンネルなど様々な場所に適用できます。

工法の写真

  • 標準断面図
  • 中塗り状況
  • 上塗り状況