KK-ONE工法

杭基礎工法

コンクリート基礎を省略することで、工数低減を実現する工法です。

「KK-ONE工法」とは、鉄骨建築において、大きなコンクリート基礎を省略して、鋼ブロックを用いて鋼管杭と鋼管柱とを溶接で直結する工法です。鉄骨構造物の基礎掘削、廃土、型枠、鉄筋を大幅に減らし、低コスト・工数低減と工期短縮を実現可能な〔安・強・短・エコ〕工法です。
次の2通りの工法があります。
①鋼管杭と鉄骨柱を中実サイコロを用いて溶接で直結する工法
②鋼管杭と鉄骨柱を中実サイコロやH形鋼地中梁を用いて溶接で直結する工法

工法の特長

  1. 1. コンクリートによる建築基礎が不要です。
  2. 2. 建設現場での杭頭・柱下端の高さ・水平・傾きの調整が極めて容易です。
  3. 3. 杭とサイコロ、及び、柱とサイコロの現場溶接は全て下向溶接で、極めて容易です。
  4. 4. 大きな杭柱継手強度が得られます。
  5. 5. 現場基礎工事の工期が大幅に短縮されます。(工程短縮)
  6. 6. 狭い箇所や地盤の弱い場所でも可能です。
  7. 7. 廃土が少なく、環境に良いです。
  8. 8. 低騒音・低振動です。
  9. 9. 土留め工事不要で、近隣に対し安全です。
  10. 10. 鉄骨のWAWO構法と組み合わせると、鉄骨工事全体の安・強・短が達成されます。
  • 施工状況
  • 溶接作業