トグル制震工法

制震工法

機械分野の技術を応用した画期的な制震システム。

てこの原理を応用したトグル制震装置(増幅機構付油圧制震ブレース)は、2本の腕と1本のオイルダンパーで構成され、地震エネルギーを効率よく吸収して、地震によっておこる建物の揺れを抑えることができます。
〈用途〉
●新築中・高層建物
●耐震補強リニューアル

工法の概略図

工法の特長

  1. 1.性能の劣化がありません。

    トグル制震装置では小さな揺れから大きな揺れまで対応でき、半永久的に性能劣化がないオイルダンパーです。

  2. 2.低コストで施工できます。

    地震エネルギーの吸収効率が高いので、強度型補強や他の制震工法に比べ設置箇所数を5割~7割程度に減らすことができ、より低コストで耐震化ができます。

  3. 3.移動が少なく余計なコストがかかりません。

    居住者様やテナント様などの移動を極力少なくした補強提案が可能ですので、工事期間中の引っ越しなど余計な費用を大幅に抑えることができます。